素敵情報館 > 手形貸付

手形貸付とは

手形貸付とは何でしょうか?これは借入用の手形を銀行にいれることで、銀行から融資を受けるということです。手形貸付の場合は一年以内の短期資金という名目で手形借入することになります。会社で賞与資金などを調達するために手形貸付が利用されます。この場合長期借入は行わず、原則短期資金借入となります。銀行などの金融機関は、まず弁済期を支払期日とします。そして手形の満額から満期日までの利息を差し引いた額を、企業等に貸付します。手形貸付は短期利用ですし、借用証書による貸付よりも印紙税が安いという特徴があります。このような理由から、手形貸付は会社の運用資金の調達手段として、中小企業によく利用されています。

スポンサードリンク

手形貸付の返済方法

手形貸付の返済方法には、分割返済と一発返済という二つの返済方法があります。手形貸付の分割返済を選択した場合は、銀行などの金融機関を相談のうえで、たとえば1ヶ月ごと、3ヶ月ごと、6ヶ月ごとといった感じで決定します。金融機関によく相談してみましょう。たとえば運用資金を調達するために、期間を一年間として手形貸付を行い、毎月返済を行うこととする。といった具合に銀行側も臨機応変に対応してくれるはずです。手形貸付の一括返済は、経常運転資金に利用するためという企業が多いようです。経常運転資金とは売上がでる理由のある資金といえますから、結局のところ支払い期限に同額の借り換えを行っている、書き換えがあたりまえになってしまいます。俗に言う転がし商売というものですね。

スポンサードリンク

手形貸付の特徴と連帯保証人

手形貸付の場合、不動産担保などの物的担保がいらないという特徴があります。ただし保証人については原則1名以上の連帯保証人が必要となります。1年超の期間で貸し出される長期借入金である証書貸付などの際には、保証人の署名捺印や印鑑証明書の提出などが必要になります。この点、手形貸付であればこのような煩わしさがなく、書類上も手続き上もたいへん楽な契約だといえます。また銀行などのお金を貸す側にとっても返済期間の長い長期資金の貸付とくらべて、返済期間が短い短期貸付のほうがリスクが少ないと考えられます。銀行などの金融機関が一番恐れているのが貸倒れですから、そういった貸す側の面から見てもリスク回避できるのが、手形貸付の特徴ともいえます。

スポンサードリンク

手形貸付