素敵情報館 > 棚卸しアルバイト

棚卸しアルバイト体験談

棚卸しアルバイトとは工場などで在庫確認などを行うために定期的に行われることです。棚卸しには時間とお金がかかるため、定期的にアルバイトを募集して行うのが一般的です。かくいう私も人生ではじめてやったバイトが棚卸しでした。場所は家の近所のスーパーマーケットだったのですが、高校一年生のときでした。棚卸しアルバイトを思い出すと本当に懐かしい気持ちになります。担当の方から仕事の説明を受け、商品数を数えるように言われました。バイトとはいえ人生初のお給料をもらう仕事ですから、かなり張り切っていたのを覚えています。で、実際に棚卸しアルバイトをやってみると、帳簿に書いてある在庫数と実際の在庫数が合わなかったりするんです。これには数え間違いや記帳ミス、紛失や盗難といった原因があるそうです。ともあれ数時間の人生初の棚卸しバイトを終え、数千円の給料を手にした時の感動は忘れられません。

スポンサードリンク

棚卸しアルバイトは簡単だけど楽じゃない

棚卸しアルバイトは簡単ですが、決して楽ではありません。帳簿に記載されている在庫数と実際の在庫数を照らし合わせるという仕事が棚卸しですから、正直誰にでもできる仕事ですし、ですからアルバイトなどを募集して棚卸しが行われるのでしょう。しかしこの単調な作業、かなりの集中力も必要ですし決して楽な仕事ではありません。数が合わないときなどは、記帳ミス?盗難?紛失?いろんな可能性が頭をよぎります。しかし棚卸しの性質上、これは頻繁に行われる業務ではなく、とても単発的なものです。わたしのように人生初の仕事として棚卸しのバイトをやることは、いいことだと思います。私が棚卸しのアルバイトをした時間は3,4時間だったでしょうか。手にした給料も数千円と決して多いものではありませんが、日払いで手渡しされた初の給料袋は感動体験です。

スポンサードリンク

棚卸しアルバイトとは

棚卸のアルバイトをやったことがありますか?棚卸し(たなおろし)とは、スーパーなどのお店や工場などで、手持ちの在庫商品の数量を調べて、その評価額を見積もることをいいます。棚卸しはスーパーや工場などにとって、決算や整理のために欠かせないことなのです。帳簿に記帳されている製品や原料の在庫数と、実際にある原料の数を照らし合わせ、その差を把握するために、定期的に棚卸しが行われるんですね。想像していただけると分かると思いますが、在庫数を確認する棚卸し、相当手間がかかります。そして定期的に行う必要はありますが、毎日の業務でもないため、通常バイトを採用して棚卸しが行われます。

スポンサードリンク

棚卸しアルバイト