素敵情報館 > 入園グッズ

手作り入園グッズのすすめ

手作りの入園グッズを作りましょう。子供が幼稚園や保育園に入園すると、かならず入園グッズが必要になりますね。手提げバッグ、上履き入れ、お弁当袋、コップ入れなど、いくつもの入園グッズを準備する必要があります。幼稚園や保育園というのは子供にとって家族以外でのはじめての社会です。そこでママの手作りの入園グッズを持っていれば、ママの愛情というのは自然と伝わるでしょう。ちょっと本屋さんへ足を運べば、入園グッズを手作りするための手芸の本がたくさん売られています。お母さんのハンドメイドの入園グッズ、子供が大好きなキャラクターのアップリケなどをつけてあげたら喜びますね。幼稚園や保育園によっては、それぞれ準備する入園グッズの寸法が決まっているところもあるようですし、必ず手作りで入園グッズを用意すると決まっているところもあるそうです。それ以外の幼稚園などでしたら、手作りにこだわる必要もありませんし、市販のものを通販しても構わないでしょう。ただしお母さん手作りの愛情こもったハンドメイド入園グッズに勝るものはないはずです。

スポンサードリンク

入園グッズの作り方

入園グッズを手作りするときは、まず近所の本屋さんで手芸の本を一冊買ってきましょう。その本に書かれている入園グッズの作り方を素直に実行すればいいですね。入園グッズを手作りするということは、ママの子供に対する愛情表現のひとつですから、作り方にこだわりすぎずに、多少不恰好でもいいのではないか。個人的にはそう思います。入園グッズを作るために、手芸店で布やワッペン、アップリケなどを購入すると、無料で入園グッズの型紙をくれるようなお店もあります。そういった型紙などを利用して手作りの入園グッズを作ることにチャレンジしてみるのも良いですね。また幼稚園や保育園で使う入園グッズには、すべてに名前を入れることが基本ですが、子供は自分の名前を読めない場合もあります。そういう字の読めない子供のためにイラスト付きの名前シールなんていうのも売っていますから、クレヨンやハサミなどのお道具箱や、園服や体育帽子などにアイロンプリントしてあげても良いですね。

スポンサードリンク

通販で入園グッズをオーダー

入園グッズを手作りするのは苦手だ。そうしても手作りできないというお母さんもいらっしゃるでしょう。そういう場合は、こだわらずに市販の入園グッズを通販などしても良いでしょう。また入園グッズの縫い物代行サービスというものもあり、布を送ると指定したサイズで入園グッズを製作してくれて、完成したら、ゆうパックで送ってくれるというサービスもあります。通販で入園グッズをオーダーしているような感覚ですが、どうしても手作りは苦手ということであれば、こういったサービスを利用するのも手ですね。このようなオーダーメイド的な入園グッズ縫い物代行サービスを使うと、市販のグッズにはない、子供が喜んでくれる布などで作れる利点があります。入園グッズをオーダーしたり、市販のものを通販したりすれば手軽で簡単ですが、やはりお母さんの手作り入園グッズが一番でしょう。

スポンサードリンク

入園グッズ