素敵情報館 > 大学入学祝い

大学入学祝い

大学の入学祝いについて考えてみましょう。たかが大学、されど大学です。予備校などもたくさんあり、必死に受験勉強を続けた結果の大学入学。これは本人はもちろん、家族や先生にとっても相当思い入れのある出来事のはずです。ですから大学の入学祝いにも気を使いたいものですね。大学の入学は人生の一つの節目とも考えられます。勉強はもちろん、大学時代に出会った人たち、仲間達によって人生が変わることさえあるからです。そんな意味合いの強い大学入学、もしかすると第一志望は無理だったかもしれませんし、本人やその家族の事情も知っている場合は、気を使いながらもお祝いしてあげるとよいですね。大学の入学祝いとは、おめでとうの気持ちですから、個人的には何をプレゼントしても良いと思いますが、世間的には、お金を包んで贈る場合もありますし、図書カードなどを贈る場合もあるようです。

大学の入学祝の相場

大学の入学祝いの相場についてみていきましょう。まず大学の入学祝として「お金」を贈るという場合、本人との関係にもよりますが、一般的に金額は一万円から三万円程度が相場と考えられます。また大学生ともなると、さまざまな参考書籍や資料なども必要になるでしょうから、入学祝いとして図書カードを贈るというのも喜ばれます。大学の入学祝いとして、何かを買ってプレゼントするという方法も考えられます。物を買う場合は本人の趣味・趣向がありますから、選ぶのも難しいところですが、たとえば女性の場合、アクセサリーを贈っても良いですね。大学生になり大人としての社会性や人間関係を築いて欲しいという願いも込められます。男性の場合は、財布などを大学入学祝いのプレゼントとして贈ることも多いようです。

スポンサードリンク

大学入学祝いは気持ちです

大学の入学祝いは気持ちですから、「おめでとう」が伝わるものならば、どんなものでも良いですね。また入学祝いを贈る側も、両親であったり、親戚であったり、いろいろかと思います。驚いたのは私の大学時代からの友人のことですが、彼は大学の入学祝として、父親から「車」をプレゼントされていました。大学ですから、庶民からお金持ちまで様々な人たちが集まりますが、さすがにちょっとびっくりしたのを覚えています。たとえば、これから初めて一人暮らしをするというのであれば、高価なものでないとしても、なにか生活に役立つ品をぷれぜんとすれば喜ばれますし、本来プレゼントとはそういうものですよね。高いお祝いの場合は、逆にお返しの心配をさせてしまうことにもなりますしね。大学の入学というのは子供から大人への変化の途中であるとも考えられますから、その辺を考慮した「大人の実用品」なども入学祝いとして喜ばれるでしょう。【PR】ボクらのメス豚.biz

大学入学祝い