素敵情報館 > 結婚祝いの「のし」

結婚祝いの「のし」のマナーと金額

結婚祝いの「のし」は新しい生活をはじめる2人を祝福するためのものです。相手をお祝いする気持ちで用意しますから、失礼があってはいけません。細かいことかも知れませんが、マナーを確認していきましょう。まず書き方ですが毛筆で書くのが良しとされています。のし袋の折り方は、右側が上で、さらに下側を上にするのがマナー。そして結婚祝いの「のし」の水引は、2度とほどけない「結びきり」を選びます。お祝いの金額については頭を悩ませている方もいらっしゃるかも知れませんね。お祝いの気持ちですから金額については基本的に自由でよいと思いますが、3万円くらいが一般的な相場のようです。金額は新郎新婦との間柄によっても異なりますし、披露宴に出席するかしないかでも異なります。友人の間からで披露宴に出席しない場合の金額は、1万円くらいが一般的なようです。

スポンサードリンク

結婚祝いの「のし」について

結婚祝いの「のし」はおめでたいものであり、二度と繰り返してはいけないという想いなどが込められるために様々なルール、マナーがあります。結婚祝いの場合は、のしの水引が白赤や金銀の「結びきり」になっているものを選ぶのが良いとされます。2つに分けることができないという、いわゆる「げんかつぎ」ですね。逆に、のし袋が「蝶結び」になっているものは、何度でもほどける、離れるという意味から、結婚祝いとしてはふさわしくありません。結婚祝いの「のし」は、正式には「のしあわび」といいます。貝のアワビをのしたことからの由来ですね。

スポンサードリンク

結婚祝いの「のし袋」の折り方

結婚祝いの「のし袋」の折り方にも注意が必要です。なぜなら慶事と弔事では折り方が逆になるからです、結婚のようなお祝い事である慶事の場合には、中包みを紙の中央に置き、左・右の順に折ります。そして上側を折り、下側を上側に被せるようにします。この左右の折り方と上下の折り方が、慶事と弔事では異なるのですね。結婚祝いの「のし袋」として市販のものを使う場合でも、いったん開いてからお金を包みますから、その後折り方を間違えないように気をつけましょう。のし袋の折り方についてはマナーというよりも必須事項ですね。

スポンサードリンク

結婚祝いの「のし」