素敵情報館 > 中学受験問題集

中学受験問題集の選び方

中学受験の問題集の選び方を紹介します。書店をちょっとのぞけば、それこそたくさんの問題集を見つけることができるでしょう。そんななかアナタはどの問題集を選んだらよいか分からなくなってしまうかもしれません。中学受験の問題集はたくさん買えばよいというわけではありませんし、厳選したものを何度も解いたほうが、より理解できるというものです。そこでまず押さえたい一冊は、スバリ希望する中学の過去問題集です。この一冊だけははずせないでしょう。中学の過去問には過去数年間の問題が掲載されています。中学の過去問題集を解くことで、過去に出された問題がどういったものだったかということもさることながら、中学ごとの出題の傾向やクセのようなものが分かるはずです。入試の出題傾向がわかれば、そのジャンルを入念に勉強するという受験対策も練ることができます。確実に押さえたい中学受験問題集は過去問です。

スポンサードリンク

中学受験の苦手克服問題集

中学受験の問題集で、まず選ぶべきなのは過去問題集だということを話しました。なぜならその問題集を解くことで、希望する中学の出題傾向などをつかむことができるからです。ひととおり過去問題集を解いてみると、希望中学の傾向のほかに、自分の不得意ジャンルというのも浮き彫りになるはずです。ここで必要になるのが、苦手箇所克服用の問題集です。自分の苦手とする問題にたいして、なるべく詳しい解説がついている問題集を選ぶと良いですね。あとはこの苦手克服用の問題集を何度も解いていけば、確実に中学受験のレベルはアップします。まとめると、中学受験の問題集の選び方はいたってシンプルです。まず希望する中学の出題傾向を知るということ。これは過去問題集を解くことでわかりますし、ただ闇雲に勉強することを防げます。そして次に必要になるのが自分の弱点をクリアする苦手克服用の問題集。これを解くことで希望中学への入学が近づくのです。

スポンサードリンク

中学受験勉強のポイント

中学受験の問題集の選び方を解説してきましたが、鋭い方はこれで中学受験のポイントがお分かりになったはずです。中学受験、時間が無限大にあるわけではありませんし、勉強するほうも闇雲にずっと勉強を続けるというのは正直しんどいものです。入試には60点なり70点なりといった合格点というのがあります。つまりどういうことが言いたいかと申しますと、入試で100点をとる必要はないということです。全てのジャンルを完璧にこなそうとする受験勉強では潰れます。それよりも受験勉強に使える時間は限られていることや、希望中学の問題には出題傾向があること、自分の得意不得意を的確に把握すること。これらにまずは力と時間を注ぎ、これらの中学受験ポイントが分かったら、得意分野を伸ばしながら、少しずつ苦手分野を減らしていく。こういう努力をすることで、効率的に受験勉強ができるでしょう。最終的には中学受験問題集の良し悪しではなく、その問題集をどう使いこなすかということが大切になってきます。

スポンサードリンク

中学受験問題集