素敵情報館 > 液晶テレビの価格

液晶テレビ価格

液晶テレビの価格をみていると、ここ数年でずいぶん安くなったなと感じます。液晶テレビといえば一時は何十万円もするのがあたりまえ、庶民には手の届きにくい商品でした。液晶テレビの価格を決める要素というのは、実はそんなに多くありません。基本的には、液晶の大きさ、液晶の品質、機能性で決まると言われています。液晶テレビの画面についても今では大変大きなものがありますが、液晶テレビの画面の大きさについては、まだ開発の余地が残されていますから、この点に関しては価格のさらなる下落が見込めます。32インチ程度の液晶画面のものは10万円を切る価格のものも珍しくなくなってきました。液晶テレビ価格の今後のポイントは、ずばりチュナーの機能にあるようです。2011年に完了する地デジの切り替え、この地デジやハイビジョンなどの高画質な映像に対応するためのチュナー機能が、今後の液晶テレビ業界で大きな価格差を生むポイントと考えられます。

スポンサードリンク

液晶テレビのランキングを価格.comで調べる

液晶テレビの価格ランキングを調べたいと思ったとき、たいへん便利なサイトがあります。ご存知の方も多いと思いますが、「価格.com」といいます。東芝、シャープ、ソニー、日立など各メーカーが様々な液晶テレビを販売しています。価格.comで液晶テレビの価格を調べると、価格の安い順にランキング表示されますので、全国の販売店の中から最安値をつけたお店を見つけることができますし、そのままオンラインで通販することもできます。ですから激安で液晶テレビを買える可能性もあるわけです。価格.comでは売れ筋ランキングのほかにも、注目ランキングや満足度ランキング、ユーザーの口コミ評価やレビューなどがありますから、どの液晶テレビがよいのか迷ったときの良い判断材料となります。

スポンサードリンク

液晶テレビの価格と有機EL

有機ELの液晶画面は、地デジなどのハイビジョンの高画質映像をみる場合には、現行の液晶よりも優れているといわれます。それは有機ELの液晶画面が発色性や視認性の面で優れているからのようです。有機ELのディスプレイが世間に普及する段階になったとき、このときが液晶テレビの買い替えのベストタイミングと言えるかも知れません。なぜなら旧モデルの液晶テレビの価格が大幅に下がることが容易に予想されるからです。有機EL普及型の液晶テレビは、地デジの切り替えが完了する2011年の直前に、発売されると見られています。そのときが価格が大幅にさがり、液晶テレビを激安で買うチャンスでしょう。

スポンサードリンク

液晶テレビの価格