素敵情報館 > 液晶テレビ壁掛け

液晶テレビの壁掛けタイプ

液晶テレビの中でも壁掛けタイプのものを多く見かけるようになってきました。オシャレなカフェやスポーツ観戦しながらお酒を楽しむバーなどでも壁掛けタイプの液晶テレビを見かけます。もともと薄型の液晶テレビを壁掛けにしてしまえば、さらにコンパクトになりますし、もちろんテレビの台なども不要ですから、邪魔にならずスペースを有効活用することができます。壁掛けタイプの液晶テレビの場合、お洒落ですから、テレビそのものの活用のほかに、インテリアとしての意味合いも持たせることができます。2011年までにアナログ放送から地上デジタル放送に変わります。この時期が壁掛けの液晶テレビを買うタイミングかもしれませんね。

スポンサードリンク

自作で液晶テレビを壁掛けに

自作で液晶テレビを壁掛けタイプにする方法を紹介します。まず必要になるのは、液晶テレビ用壁掛け金具というものです。これを液晶テレビに取り付けることで、カフェにあるようなお洒落な壁掛けタイプにすることができます。この液晶テレビ用壁掛け金具は、安いものですと2000円前後で買うことができます。また液晶テレビ用壁掛け金具にはさまざまなタイプがあり、上下左右の角度調節ができるタイプのものや、アーム式になっていて、角度以外にも場所までずらすことができるというタイプのものもあります。このあたりは、ご予算と実際の液晶テレビの設置場所と相談するということになります。まず液晶テレビに配線をつなぎ、つぎにテレビ取付金具のフックを壁金具の切欠きに引っ掛けます。そしてテレビ取付金具と壁取付金具をネジなどで固定することで、自作で液晶テレビを壁掛けにすることができます。

スポンサードリンク

危険もともなう液晶テレビの壁掛け

液晶テレビを壁掛けにするとお部屋がすっきりしますし、おしゃれでよいのですが、いくつか危険な点もありますから注意が必要です。液晶テレビの壁掛けで一番危険なのは、落下でしょう。壁掛けにできる液晶テレビとはいえ、相当な重さがあります。壁掛け金具の取り付けもさることながら、壁自体が重さに耐えうるのか確認する必要があります。壁の材質によっては、そのままの取り付けでは危険で、補強が必要になると判断される場合もあります。また自宅で液晶テレビを壁掛けにされるのでしたら何の問題もありませんが、賃貸物件の場合はマンション管理組合などに確認をとると良いでしょう。

スポンサードリンク

液晶テレビ壁掛け