素敵情報館 > 行政書士募集

行政書士の募集について

行政書士の募集は意外と行われているものです。行政書士というのは法律の専門家ですから、もちろん法律に関して明るいことが条件にあげられます。また行政書士募集のニーズのなかに「残業を気にしない方」であるとか「外国人に興味がある方」などという条件がついているのも行政書士ならではといえるかも知れません。行政書士事務所などによって、もちろん募集要項はことなってくるとは思いますが、それでも行政書士の仕事に不規則な要素や外国人との交渉の可能性があるというのは確かなようです。残業というのはどんな仕事であろうと付きものです。仕事を定時で切りあげるというのも大切ですが、残業することで、より行政書士の仕事について深く知ることも出来るのです。

スポンサードリンク

行政書士募集に応募した理由

行政書士の募集に応募するまえに、もういちど何故その職に就こうとしているのかとうことを考えるのも、自分を最確認するうえで大切でしょう。なんとなくカッコイイからというような気持ちでは、仕事は長続きしないものです。もちろん行政書士にかぎらず様々な仕事の募集がでていますから、自分のほんとうにやりたい仕事に応募するべきでしょう。ほんとうに行政書士に応募したいという気持ちが強いのであれば、資格の有無にこだわらず、まずはアルバイトという形で仕事を経験してみるという方法もあります。バイトの場合たしかに給料の面では低賃金にあまんじることになりますが、法律に関する仕事が未経験であろうとも、行政書士の資格をもっていなくても募集に応募できる場合が多いですし、給料をもらいながら仕事を勉強させてもらっていると考えたら、これほどありがたいこともありません。

スポンサードリンク

行政書士の収入

独学で法律の勉強をして、みごとに行政書士の資格をとったものの、収入が低くて頭を抱えているという人は少なく無いようです。資格をとったあとは行政書士事務所に就職するか、もしくは自分で事務所をかまえるという方法があると思います。行政書士事務所で働く場合は、正社員や派遣社員など雇用のされかたもいろいろですから、しっかりと確認しましょう。行政書士の業務については価格破壊がすすんでおり、普通に仕事をしているだけでは少ない収入で我慢しなければいけません。せっかく難しい法律の勉強をして資格をとったのに収入は300万円台などということもザラのようです。電子化されていくなかで、収入をあげ、行政書士が生き残っていくためには、これまでとは異なったアプローチをとる必要がありそうです。それには専門の分野をつくり、それに特化した事業を育てていくことが大切なようです。

スポンサードリンク

行政書士募集