素敵情報館 > 赤ちゃん便秘

赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんはどうして便秘になるのか?その原因をさぐってみましょう。赤ちゃんが便秘になる原因の一つは、赤ちゃん自身の体の機能の成長にあります。生後1ヶ月くらいの生まれたちの赤ちゃんというのは、腸の動きや腹筋の力、肛門のしまりなど、体の消化や吸収に関する機能が未熟なため、頻繁に排便する傾向にあります。しかし生後2ヶ月もすると、次第に栄養素を吸収する能力が高まり、肛門を閉じる力もついてきます。ただし腹筋にはまだ力がありませんから大人のように「いきむ」ことができないのですね。これが赤ちゃんが便秘になってしまう原因です。赤ちゃんの成長過程にともなうものですから仕方のないことですが、便秘は赤ちゃんにとっても心地よいものではありません。なるべくいい対処をして、便秘を解消させてあげたいものです。

スポンサードリンク

便秘になる赤ちゃん

赤ちゃんは時々、便秘になるものです。しかし便秘になるとき赤ちゃんは何らかのサインを送っています。親は赤ちゃんの出す便秘サインを見逃してはいけません。まずサインとなるのは赤ちゃんの機嫌です。赤ちゃんは便秘になると決まって機嫌が悪くなるものです。お腹が気持ち悪かったり、張って苦しかったりするために機嫌が悪くなるのですね。病気でもないのに赤ちゃんの機嫌が悪いときは便秘を疑ってみると良いでしょう。便が硬いために、痔といいますか、肛門が切れて痛がることもあります。赤ちゃんは便秘になっても自分で対処することができませんから、見守る周囲の大人が、生活習慣や食生活、赤ちゃんがだす様々なサインに十分気を使ってあげましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんの便秘の解消法

赤ちゃんの便秘の解消法をご紹介しましょう。まず、おっぱいやミルクの調節です。水分の不足は便秘の原因となりますから、赤ちゃんに与ええるミルクやおっぱいの量を調整することで便秘を解消できます。離乳食を始めた時期の対処法としては、食物繊維を与えるようにすると便秘が解消します。具体的には緑黄色野菜や、繊維質の多いサツマイモ、バナナなども消化吸収に良いでしょう。また離乳中期からはバターなどで少量の油分を取り入れたり、海藻類を入れると良いようです。お散歩などの適度な運動を取り入れることも赤ちゃんの便秘を解消するよい方法ですが、それでも出そうで出ない、というときは、綿棒を肛門から少し差し込んで、お尻に刺激を与える対処法もよいでしょう。綿棒にはベビーオイルなどをつけてあげてください。

スポンサードリンク

赤ちゃん便秘